サンタクロースについてのカミングアウト

12月になると、クリスマスの話題で持ちきりになります。
子供のいる家庭では、今年はどんなプレゼントを用意しようかと
予算を考えながら、ほんの少しわくわくしながらリストを作ります。

 

うちの子供は、小学校低学年までサンタクロースの存在を信じていました。
サンタクロースは、寝ている間に来て、プレゼントを置いていってくれる、
お父さんやお母さんは、サンタさんとは別にプレゼントをくれる。
最初から、お父さんやお母さんは、サンタさんから頼まれてプレゼントを持ってくる
って言ってるご家庭もありました。

 

でも、うちは、より信憑性を高めるために、わざわざ
サンタが持ってくるプレゼントを別に用意してました。
目覚めてからのリアクションがとっても楽しいからです。
どうしてサンタさんは、自分の欲しいものがわかるのか、
早く寝ると、いいプレゼントがもらえる、
などなど、大きくなってから伝えたい言葉がたくさん聞けました。

 

でも、さすがに小学校中学年になってきますと、
プレゼントを二つ用意するには、荷が重くなってきました。
DSと、レーシングカーが欲しいな、とか言われちゃうのです。
もう、カミングアウトしないとなぁと思い
サンタさんはお父さんとお母さんだったんだよ、
と言ったら、
そうか、そうかな、とは思ったんだよ。
でも、プレゼント二つもらいたいから信じてたんだ。
と言われました。
ちょっぴり、さびしいような、うれしいような言葉でした。